kubrick


スタンリー・キューブリック。1999年3月7日 (現地時間) 死去する※1。 1928年7月26日にニューヨークで生まれた彼は少年の頃からカメラ技術に長け、高校時代にはやプロ顔負けの仕事をこなす。その題材は「死」である。 彼の独創的な作品は、この類まれなるカメラ技術と独特の視点によるところが大きい。 鬼才、厭世、完全。 これら形容※2 は彼にこそふさわしい。 仕事でも私生活でも妥協を許さず わが道をひた走って逝ってしまった。 2001年を前にした世紀末に旅立つとは いかにも彼らしいではないか。「それ」をくまなく眺めるためには あの世にまさる場所はないのかもしれない。 未知の領域を手玉に取るがごとく創案した 「スターゲートコリドー※3」 であるが、はたして、死に際してみずから体験することが出来たのだろうか。 ご冥福をお祈りしたい。


-----
※1 このページは 1999年3月にスタンリー・キューブリック監督の追悼という意味で作成されたページの 2003年〜改訂版である。

-----
※2 キューブリックを悪魔に例える論評が過去にあった。もちろん、彼の人間離れした才能をたたえる意味での一表現なのだが、これをダイレクトに悪魔主義 (19世紀末に現れた、醜悪な怪奇現象をたたえる思想。エドガー・アラン・ポーがその代表格) と結びつけた者が実際にいる。 キューブリックの2001年宇宙の旅(映画)=冷酷な悪魔の目で見た人類進化。 クラーク※4 の2001年宇宙の旅(小説)=穏やかな神の目で見た人類進化。つまり、キューブリックとクラークの間に悪魔と神ほどの隔たりがあったと解するならば、どうみても両氏の関係が上手くいくはずがないというのである。

悪魔と神という構図※5 は極論としても、芸術家・映画監督としてのキューブリックと科学者・小説家としてのクラークとでは、思考・解釈・表現において違いがでてきて当然ともいえる。自身の哲学を基盤に ひらめきと独自の視点で作品をつくりあげていくキューブリックに対し、クラークは、イマジネーションを科学的推論というフィルタにかけて現実化し※6、それを文学というオブラートに包みこんで読者にうったえかけているからだ。

キューブリックが、自身の作品の解釈について、観る者の数だけの解釈があって当然と構えているのは、論理飛躍の産物ともいえる「ひらめき」を観る者に説明するのが不可能だからだ。あるいは、そもそも彼の心の内には「説明する」という言葉が存在しないのかもしれない。彼は小説のような説明口調になることを極力嫌い、観る者をして得体の知れない難解な作品と感じさせることを意図していたふしがあるからだ。解釈に行き詰まって論理破綻に陥る観客をしり目に、筋書きの方は異様な結末に向かってどんどん突き進んでいくのである。

-----
※3 スターゲートコリドー : 2001年宇宙の旅のボーマン船長スペースポッドと共にビッグブラザー (モノリス) に吸いこまれる時の異様な状況。光がボーマン船長に向かって流れてくる場面。

-----
※4 2001年1月2日、予想通りのニュースが飛び込んできた。病魔をものともせず83才の現在も精力的な活動を続けるアーサー・C・クラークだが、みずからのメッセージとDNA(毛髪)を「Space Odyssey」させようとしているのである(Encounter Deep Space Probe、通称:エンカウンター2001計画)。地球上では「クローン人間」の誕生を阻止する勢力が多数派を占め法令等による強制力をも付加し始めているわけで、人類の進化をメインテーマとしてきたクラークとしては、その可能性を地球外知的生命体に託すつもりのようだ。クラークとキューブリックの信奉者である筆者としては、願わくば、両人のDNAを「Space Odyssey」させて欲しいのだが、どこかにキューブリックのDNA(毛髪その他)は残っていないものだろうか。 ← (以上は2001年当時の記述)

※!! 2001年を迎え、世界各地で「2001年宇宙の旅」の再上映が行われ始めた。キューブリック監督の命日にあたる3月7日を待って再上映される動きもあるようだ(日本でも2001年3月に再上映される可能性があったが、Warner Bros. Japan を見た限りでは2001年4月7日からの再上映となっている)。この件に関しては「2001年宇宙の旅リバイバル上映と、ゲイリー・ロックウッド氏(プール飛行士役)の来日」を参照いただきたい。 ← (以上は2001年当時の記述)

-----
※5 アーサー・C・クラークのSF小説「幼年期の終わり」(1953年)は人類の進化を扱った彼の代表作であるが、そこには現実の悪魔(オーバーロード)が登場する。もちろん、キューブリック監督とは何の関係もないが、それがどのような存在で、人類の進化にどのように関わっていくのかを知るには同小説を熟読する必要がある。 「幼年期の終わり」に、1960年代(有人宇宙飛行の夜明け)のテイストをブレンドしたものが、「2001年宇宙の旅」であると筆者は考える。クラークの作品に限っては作品自体も進化するのである。

ただし、この系統の作品の進化については「2010年宇宙の旅」で筆者は勝手に強制終了させた。2010年までならなんとか生存していられそうだということもあるが、内容自体に関しても、それより先の話は余りにも奇想天外すぎて興味をそぐというのが正直なところだ。従って、「2061年宇宙の旅」や「3001 - The Final Odyssey」の内容を当サイトの中で取り上げることは今後も一切ないだろうし、「その答えなら 2061 or 3001 or 失われた宇宙の旅2001 に出ている」等の見当違いな指摘も筆者にはありがた迷惑である。

-----
※6 「十分に進んだテクノロジーは魔法と変わらない」 というフレーズはアーサー・C・クラークの第三法則(Arthur C. Clarke's Third Law)※7として有名だが、そもそもクラークのイマジネーション自体が魔法のように思えてならない。

-----
※7 アーサー・C・クラークの第三法則(Arthur C. Clarke's Third Law)は、 「申し分なく発達したテクノロジー・・・」 or 「・・・魔法と見分けがつかない」 or 「・・・魔法と区別がつかない」 とも訳されている。 原文は "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic."

ちなみに
アーサー・C・クラークの第一法則(Arthur C. Clarke's First Law)は、「いくらか年をとった一流の科学者が なになにが可能と言うなら おそらく彼の言うことは確実に正しい。 もしも彼が なになにが不可能と言うなら 彼の言うことはまず間違っている。("When a distinguished but elderly scientist states that something is possible he is almost certainly right. When he states that something is impossible, he is very probably wrong.")」
アーサー・C・クラークの第二法則(Arthur C. Clarke's Second Law)は、「あることについて それが可能か否かの限界を探る唯一の方法は、かかる限界を通り越して不可能とされる領域へ思い切って進むことである("The only way of discovering the limits of the possible is to venture a little way past them into the impossible.")」
となっている。


追悼リンク(日本)

CATACOMB
THE DOORS と STANLEY KUBRICK を扱うサイトです。中に入れば 「並みのファンでない」 ことが判ります。 デザインも洗練されています。キューブリック監督の追悼に関しては「記帳BBS」ご苦労様でした。 当サイトの「COOL QUIZ : 2001 A SPACE ODYSSEY)」にもたびたび挑戦していただき有難うございました。


21世紀の歩き方大研究
以前は「2001年の迎え方大研究」というタイトルだったサイト。2001年宇宙の旅を含む「2001年」をキーワードにした構成はとても共感できました。新世紀を迎えた2001年、「気長に続けられるように」とタイトルを変更されたようです。 21世紀はまだまだ始まったばかりです。さらなる鋭い切り口を期待します。

dummy
lineapl


KUBRICK PAGE version 20030211 Masaakix Yokohama Japan

当サイトの著作権及び閲覧ガイド

dummy