silverxアポロ計画silverxHAL'S EYES WEB SITE / HOME
 

 
silverx
000033-x 新着情報&トピックス 000033-x インフォメーション 000033-x よくある質問と回答 000033-x ハイパーリンクな索引 000033-x サイトマップ (階層図) 000033-x 詳細検索&データベース 000033-x クールクイズ 博士号授与 000033-x 当サイトの原点&用語解説 000033-x 著作権&利用規約 000033-x
000033-x
 
nzm-back-moon-onxxxanm-blackstill
THE APOLLO PROGRAM / トップページTHE APOLLO PROGRAM / アポロ計画 (このページ)THE APOLLO PROGRAM / レンジャー計画THE APOLLO PROGRAM / サーベイヤー計画THE APOLLO PROGRAM / ルナオービター計画THE APOLLO PROGRAM / ゾンド計画 (旧ソ連)THE APOLLO PROGRAM / ルナ計画 (旧ソ連)THE APOLLO PROGRAM / その他の情報
- Apollo Program -
+ サイト全面更新作業中 
+ ハッブル宇宙望遠鏡は月面上広範囲に分布するチタン鉄鉱を観測したが それはアポロ計画のデータに導かれたものだった
+ アポロ計画の土台を担った「サターンロケット(I/IB/V)」 は CEV/次世代有人宇宙船のローンチビークルとして復活するのか
+ スペースシャトル再開で脳裏を横切ったフレーズ → 「スペースシャトルを速やかに引退させるには 決定的な理由が必要だ」
+ 21世紀の有人探査計画が ISS/スペースシャトル主導で停滞ぎみの宇宙開発を 「本道」 主導型宇宙開発に軌道修正する
+ ブッシュ大統領の 「宇宙計画演説 (NASA)」 は月基地が将来の有人惑星探査計画において果たすべき役割を力説している
+ 当サイトの目的は 将来の 「20XX年アポロ計画(仮称)」 をふまえ 事実としてのアポロ計画を日本語で語ること >> More

アポロ計画は1960年にその構想が芽生え、翌年5月のケネディ大統領の演説※ 及び議会の承認によって大々的にスタートを切る。 当初約束されていた予算は総額200億ドル。 この時代の、この国の視線は、常に月に注がれていた。

この壮大なプログラムは、しかし、その下準備にこそ意義があった。 有人の月面着陸 という新しい概念の下で サターンロケット各モジュールの開発を進め、マーキュリーとジェミニで有人飛行の実績を積み、レンジャーサーベイヤールナ・オービター による綿密な月面探査でランディング地点を決定したのである。

1972年12月、アポロ計画は膨大な予算を消費し尽くして17号で事実上終了する。※ マスタープラン上にあった18号、19号、20号はあっさりとキャンセルされていたのだ。

アポロ計画については、宇宙開発史上最大の浪費であるとの酷評も少なくないが、はたして当時の一流国家が対抗意識あるいはプロパガンダ目的で このような国家的プロジェクトを実行するだろうか。 予算に見合うだけの目的があったとみるのが自然ではないのか。 それら目的が達成されて後のミッションが不要になったと。

その後の有人飛行は地球周回軌道上にとどまっている。 あの時代に有人飛行で月に行く必要性が一体どこにあったのだろう。 その内容が国家機密に属するならば、残念ながら、それを知る手立てはない。

-----

※ ケネディ大統領が1961年5月25日に行った演説 。特に有名な一節が 「I believe that this nation should commit itself to achieving the goal, before this decade is out, of landing a man on the moon and returning him safely to the earth.」 つまり、 「私は、この国が、1960年代のうちに人間を月に着陸させて地球に無事帰還させる (という目標を達成する) ことを言明すべきであると信ずる。」 となる。

※ 筆者は アポロ・ソユーズ/Apollo-Soyuz をアポロ計画に含めない。 有人月探査ミッションを含まないプログラムは、その名称の如何にかかわらず本来のアポロ計画とは切り離して考えるべきだと解するからだ。

Program | Mission | Landing | Launch Pad | Vehicles | Modules | Training | Space Suit | Space Food | Terms | Quiz
SA | AS-201 | AS-202 | AS-203 | Apollo-1 | -4 | -5 | -6 | -7 | -8 | -9 | -10 | -11 | -12 | -13 | -14 | -15 | -16 | -17

Moon Investigation Logo / 月探査計画ロゴマークMoon Investigator Badge / 月探査情報調査バッジ
003366-x2

Mission Profile / ミッション・タイプ

Launch Pad / 打ち上げ基地 / 発射台

Launch Vehicles / 打ち上げロケット

Modules / モジュール / 宇宙船・機械船・月着陸船

Landing Site / ランディングサイト / 着陸地点

Space Suit / 宇宙服

NEWS OF SOLAR SYSTEM EXPLORATION

MIDI MENU here

・Also Sprach Zarathustra
・On the Beautiful Blue Danube
black-x

 

2001年宇宙の旅でプール飛行士を演じたゲイリー・ロックウッドが2001年1月に緊急来日した。このビデオはイベントを企画した友人のアビイ氏のもとに、来日に先立って届いたものである (無断使用不可)。

VHSをMPEGに変換 (無断使用不可)

NASA Television

・KSC-Video Feeds 45sec L3x5
・KSC-Video Feeds 120sec L3x5
・NASA Television ( RealPlayer )
・NASA Television ( WindowsMedia )
・NASA TV Video & Countdown ( JAVA )

 

NASAで行なわれたブッシュ大統領の宇宙計画演説。アポロ計画を提唱したケネディ大統領の演説とは比べるべくもないが、月基地が有人惑星探査において果たす役割を再認識した点については評価したい。

President Bush Speech / NASA / RealPlayer

 
 

Reference
National Aeronautics and Space Administration ( NASA )
Johnson Space Center JSC Home Page ( JSC )
National Space Science Data Center ( NSSDC )
Checkout and Launch Control System Project ( CLCS )
Japan Aerospace Exploration Agency ( JAXA )
National Space Development Agency of Japan ( NASDA )
2001 A Space Odyssey ( Hayakawa Publishing,Inc. )
2010 Odyssey Two (
Hayakawa Publishing,Inc. )

Thanks! Moon Investigation / 当サイトは 月及び他の衛星・惑星探査計画を推進する組織に私的支援をおくる

European Space Agency ( ESA )
Kennedy Space Center ( KSC )
Jet Propulsion Laboratory ( JPL )
Goddard Space Flight Center ( GSFC )
American Astronomical Society ( AAS )
2001 A Space Odyssey ( MGM )
2010 Odyssey Two ( MGM.UA )
2001-2010--2061-3001 ( Paperback )

 
 
 

ライトコーン (光円錐) に注目しているサイト

 

Administrator : Office UMEHARA
Author and Webmaster is Masaaki Umehara
Contact US

 

頭脳及び地球内外の知的生命体に注目しているサイト

Brain site
Brain storming
Neurocomputer
The life
made from silicone

 

About Copyright

 
(現)日本語バージョン 以前の THE APOLLO PROGRAM / アポロ計画トップページ